愛知県立大學

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

海外留學支援

留學支援室

留學相談や留學に関する情報提供、國際交流に関する各種イベントを実施しています。

留學の種類

交換留學 協定大學への1學期又は2學期間(1年)の留學です。協定大學で交換留學生として教養科目や専門科目を履修し、帰國後単位の認定を受けます。留學先大學での授業料は免除されます。參加を希望する學生を學內で募り、成績、語學能力、志望理由等に基づいて選考した上で、協定大學に推薦し、協定大學が最終的に候補學生の受入れ可否を決定します。
派遣留學 協定大學への1學期又は2學期間(1年)の留學です。協定大學で派遣留學生として科目を履修して単位認定を受けます。交換留學とは違い、留學先大學に授業料を納入する必要があります。交換留學と同様に、希望する學生を學內で募り、成績、語學能力、志望理由等に基づいて選考した上で、協定大學に推薦し、協定大學が最終的に候補學生の受入れ可否を決定します。
認定留學 協定大學以外の外國の大學(協議大學)で取得した単位が帰國後に認定されるものです。協議大學の対象となるのは、各國の國公立大學およびそれと同等と認められる私立大學のみです。留學手続は全て個人で行います。協議大學と認められるには、學內での慎重な審査期間が必要なため、早めに準備を始める必要があります。履修予定の科目の授業內容、レベル、時間數を含めた留學計畫書(書式自由)を作成し、所屬學科の留學支援委員か教務委員の教員に相談してください。
春期?夏期集中講座(ショートプログラム) 本學の夏期?春期休暇中に海外で行われる2?5週間の語學研修を中心とした短期集中留學プログラムです。
その他の留學 自分で留學先を探して行う留學です。留學先は大學や語學學校など自由に選ぶことができますが、留學手続きはすべて個人で行います。

留學中の在學?休學について

在學留學 在學中に留學する場合は、學則第27條により本學へ授業料を納入するとともに、留學期間が在學期間に算入されます。
休學留學 休學して留學する場合は、學則第28條により本學へ授業料を納入する必要はありませんが、休學期間は在學期間に算入されません。

海外協定大學?機関

本學が學術交流協定を締結している外國大學は、2019年4月1日現在、17カ國1地域約60大學?機関です。詳しくは留學支援室ホームページを參照してください。

海外協定大學?機関への留學者數

過去3年間の協定大學?機関への留學者數は以下の通りです。

過去3年間の協定大學?機関への留學者數のグラフ

海外留學奨學金

皆さんの海外での留學生活をサポートする手段として奨學金制度があります。奨學金の給付団體としては、文部科學省(國費)、日本學生支援機構(JASSO)、市町村等自治體、民間団體?企業、愛知県立大學など多岐に渡っています。以下はその一例です。詳しくは留學支援室ホームページを參照してください。

はばたけ県大生奨學制度 學部生及び大學院生(博士前期課程)の個人による海外での自主的活動を奨勵するため、大學獨自の奨學金(給付)を交付する制度があります。詳しくは奨學金?授業料のページをご確認ください。
菅愛子奨學事業 故菅愛子名譽教授の遺志により、スペイン?ラテンアメリカ研究に関わる教育事業やスペイン?ラテンアメリカの大學との學生交換に関わる奨學事業等に対し助成を行います。
日本學生支援機構(JASSO)海外留學支援制度 協定大學への1年以內の留學を支援する制度です。毎年競爭的に配分される派遣留學生枠に基づいて、海外協定大學?機関へ派遣する學生候補を學內選考によりJASSOへ推薦するもので、採用されれば、留學する國?地域?都市により、月60,000~100,000円の奨學金が留學期間中受給できます。
外國政府及び民間団體奨學金 外國政府奨學金は、外國政府又は政府関係団體がその國の高等教育機関へ留學する日本人に対して奨學金を給付する制度です。一方、民間団體奨學金は民間の企業あるいは奨學団體が奨學金を給付する制度です。奨學金の情報は、日本學生支援機構のホームページ(ryugaku.jasso.go.jp/scholarship/)にも掲載されています。

留學情報

留學の第一歩は情報収集です。各國?地域の留學情報が下記機関およびウェブサイトで閲覧できます。

外務省 海外安全ホームページ

日本學生支援機構 海外留學情報

留學サービス審査機構(J-CROSS)

pagetop

精品人妻无码专区在线视频,AV第一福利在线导航,大香人伊一本线