愛知県立大學

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

愛知県立大學 國際戦略方針

1.國際戦略方針の策定にあたっての現狀と課題

(1)現狀――學內外の狀況を踏まえて

 愛知県は外國籍住民の數で全國2位を占めるほど、いまや多文化が進んだ社會となっている。留學生の受入拡大を掲げる従來の政府方針に加え、2018年末の法改正によって2019年4月以降には、とりわけ近隣の東南アジア諸國からの多數の外國籍労働者の來日が見込まれる。こうした狀況下で多文化共生の理解を深める取組みは、ものづくりを前面に押し出す愛知県にとって喫緊の課題である。

 學內ではここ數年、ヨーロッパやアジアの國々における大學との協定校の拡大、英語による授業を実施する非英語圏の大學への學生派遣の可能性の模索、さらにはダブル?ディグリーや共同學位の複數學位取得制度のような大學院協力に見られるように、學術交流は質量ともに拡大し、內容も多様化してきた。これによって、學生の選択肢は大幅に拡大した。加えて、実踐教育(プログラム修了認定証の発行)と學術交流(教養教育科目)の2つのグローバル関連事業は実施から3年間が経過し、これまでの活動內容の検証とそれを踏まえた內容の拡充を考える段階に入っている。

(2)課題――現段階の交流協定の検証

 學內外の現狀を踏まえ、第3期中期計畫に照らしてこれまでの活動內容を検証すると、今後取り組むべき課題として、大要、以下の3點を挙げることができる。

 第一に、國際戦略方針に基づき學部の獨自性および學部間連攜を強みとした國際交流のあり方を検討する必要がある。これは、制度整備、研究成果の発信、教育における実踐効果の3つの面からアプローチできる。まず、學部における採用や昇任の人事計畫に國際戦略方針を反映していくことは、學部內の制度整備に関わる。単獨學部あるいは學部間連攜で主催する國際交流関連事業には、研究成果の発信の意味を込めることができる。そして単獨であれ連攜のかたちであれ、各學部における日本語以外での授業の可能性を検討することには、あらたな教育実踐の効果を期待することができる。

 第二として、交流協定の理念をよりいっそう明確にしていくことである。現狀で示されている通り、學生派遣の際の選択肢が拡大した効果が認められる一方で、交流実績の乏しい交流協定も存在する。これまでの交流活動を深め発展させるための既存の協定の検証と改善の必要性が認められる。その際の視點として、新規の學術交流協定を締結するにあたっては、當該地域の大學でなければならない理由の明確化や、研究面での協定校との人的交流の実績や今後の共同研究の可能性の模索、それとともに學生の派遣と受入を不可分なものと捉える観點からの學生交換の実績?留學プログラム?支援體制等が挙げられる。

 この點と関連して、學內でのグローバル関連事業の基盤の見直しと発展が欠かせない。グローバル化する世界での「活躍」や地域への「貢獻」が強調される中で、本學がめざす「活躍」や「貢獻」が意味することがらの明確化が必要である。この點が具體的にイメージされることによって、研究者間の協働も學生交換もともに、意義ある交流となる。

 最後に、國際戦略方針の策定と併せて、全學的に國際交流活動を擔う戦略的な部署の設置が急務である。これまで展開されてきた本學での交流活動は、學生支援課の國際交流室と當該協定の窓口となっている學部學科の教員個人が擔ってきた。學生支援としての留學生対応の業務とは切り離し、大學全體の國際交流の戦略指針を示し、學內外の意思疎通を円滑にしつつ、研究と教育における連攜および協力を促進する統括的部署の必要性が求められる。そこには、蓄積される活動実績の積極的かつ効果的な発信のための広報戦略も含まれる。


2.基本理念と活動目標――世界における愛知県立大學のミッションを自覚するために

1基本理念

【策定方針】大學を取り巻く環境を見據えた長期的展望であることが望ましい。本理念は、學長ビジョンに基づく大學の方向性と一體を成して、愛知県立大學全體の國際戦略方針の骨子を示すものでなければならない。


研究がつながり、教育をつなぐ顔を見せる交流

交流の基本は人にあることを再確認する。越境する教員?研究者と學生の人的交流は、交流主體相互の表情が見えてこそ、意味ある學術交流となる。


人とその地を結ぶ足元からの交流

世界がグローバル化しても人はローカルに存在するのであり、今後の地域社會から日本や世界の課題を見據えた交流をめざす。この視點が「ものづくり」を標榜する愛知においてもつ意味は大きい。


違いを乗り越え、相互理解を実現する國際平和のための交流

格差や対立に特徴づけられる「グローバル化社會」の課題についての深い認識に基づき、置き去りにされる人やモノを救い出す視點からの研究と教育のための人材育成をめざす。

2)活動目標

【策定方針】基本理念を具現化するための指針。前出の「課題」を踏まえ、國際戦略的観點から第三期中期目標?計畫中の取組みを整理?再構成することによって設けられるべきものである。


対話?連攜促進のための制度設計(國際的な研究?教育のための環境整備)

 學部間連攜と海外大學?研究者との連攜?協力を主軸とする國際交流を展開するにあたり、全學規模の國際交流の指針と戦略を示し、研究と教育における対外的な連攜や協力を促進し、相互の円滑な意思疎通を図るために、學生支援としての留學生対応とは異なる國際戦略室を副學長(総括)の下に置く。戦略企畫?広報室との連攜の下に、関係部局と協働して、大學全體で蓄積される積極的かつ有意義な交流の成果を効果的に発信することをめざす(イメージ図參照)。研究とそれに関わる事務手続を相互に理解するための教職員で構成する學內研究會なども考えられてよい。それは、非研究者にも伝わる研究の普遍性を自覚し、世界に通用する研究をめざす契機となりうる。


renkei_taisei.png

グローバルな視野で地域社會の要請に応える研究活動(教育で実踐される研究活動)

 海外協定校を拠點にしつつ、充実した個人研究をもとに學際的かつ大學間共同研究體制(國內外への外部資金申請等への関與)を確立する。延いてはそれが、文化的豊かさをもつ地域の學術的寄與となることが望ましい。この體制における研究主體、課題、方法、成果発信の過程での多様性を模索し、高度で挑戦的な研究として積極的に打ち出すことをめざす。


日本語教育の充実化と異文化間接觸に基づく國內留學教育の実施(多様な教育実踐)

 日本語教育を充実化し、各學部における國際交流(受入?派遣留學生?外國語教育の在り方等)の方針に基づき、學部間連攜を基礎とした留學生教育體制を整えつつ、留學生受入の拡充および派遣留學生の促進を図る。留學生に特化した科目だけでなく、日本人學生と留學生が共に學べる教養教育?専門科目を拡充することで、特色ある國內留學の効果を引き出す。


グローバル化がもたらす課題に目を向ける人材育成(愛知県立大學生の活躍と貢獻の場)

 協定間相互の大學の特色(學部構成や専門性)を活かした研究交流と學生交換によって、グローバル化がもたらす多様な課題のうち、たとえば弱者?マイノリティー等に適切に対応できる國際性と地域への視點を兼ね備えた人材育成をめざす。愛知県の地域的特色と今後の進展を考慮すれば、愛知県立大學の國際戦略方針の3つの基本理念の究極の目的は、ここに凝縮される。

pagetop

精品人妻无码专区在线视频,AV第一福利在线导航,大香人伊一本线